ヘッダー
テクニカル諏訪子
ユーチューブのロゴ ニコニコ動画のロゴ オディシーのロゴ
マストドンのロゴ マトリックスのロゴ
近代のウェブ開発:「インストール方法はもう簡単になった」
テクニカル諏訪子さんのアイコン テクニカル諏訪子 2021/05/08(土) 13:47:02 JSTで公開
昨日、不意にPawooからBANされましたから、自分のSNSインスタンスをインストールしてみました。 でも、本当に難しかったですので、昔のインストール方法が思い出しました。 本当に簡単になったか?と思いました… 【1990年代のインストール方法】 ① HTML及びCSSファイルをFTPにアップします 【2000年代のインストール方法】 ① ファイルをFTPにアップして ② MySQLデータベースを準備して ③ (ドメイン名)/install.phpを実行します 【2010年代のインストール方法】 ① ファイルをFTPにアップして ② データベースを準備して ③ Rubyの場合:「gem install bundler && bundle install」、PHPの場合:「composer install」を実行して ④ 「npm i」を実行して ⑤ 大きいコンフィグファイルを編集して ⑥ 問題があれば、「/var/log」にあるログファイルを読んでみます 【2020年代のインストール方法】 ① Linuxのパッケージを更新して ② wgetでソースコードをダウンロードして ③ マニュアルにある必要なソフトウェアをインストールして ④ 複数コンフィグファイルを編集して ⑤ 新しいUNIXユーザーを作って ⑥ rootユーザーでコンパイラーをインストールして(Go、Ruby、PHP、Node、Python、Elixer、Rust、全部は必須かもしん) ⑦ 作ったユーザーでこのコンパイラーでアプリをインストールして ⑧ 作ったユーザーで「yarn」を実行して ⑨ rootユーザーでsystemctlでウェブアプリを起動して ⑩ 問題があれば、英語を勉強したり、エラーを読んで ⑪ エラーをネットで検索すると、多分直れるかもしん ⑫ rootユーザーでnginx又はapache/httpdのコンフィグを変更して ⑬ rootユーザーでcertbotをインストールして、3ヶ月一回実行して(エラーがあれば、3ヶ月何回実行して) ⑭ アフターインストール方法:またコンフィグファイルを編集して、マニュアルに無いエラーがあれば、修正してね〜 以上
テクニカル諏訪子のホームページに来まして有難う御座います。ソースコードはこちらです。